ご挨拶・寺の紹介 - 群馬県太田市 曹洞宗天王山 長岡寺(ちょうこうじ)

曹洞宗天王山 長岡寺
ご挨拶・寺の紹介 坐禅会 - 健康維持や老後の趣味に。 自死遺族支援・独居高齢者の悩み相談 ペット納骨 霊園 供養 相談活動(心理・生活・介護) 地図・アクセスマップ 相互リンク
曹洞宗天王山 長岡寺
仏事・法要の相談から、生活の悩み、心理相談なども承ります。 ペット納骨、ペットの供養相談、座禅会なども開催しております。
惟喬親王伝説(これたかしんのう)


新着情報

pdf 平成21年2月7日(土)開催予定
「勉強しよう、やってみよう、座禅とリラクセーション」
pdf 平成21年3月17日(火曜日)開催予定
「始めてみよう、元気いきいき介護予防」

ごあいさつ・寺院紹介

長岡寺[ちょうこうじ]のホームページにようこそおいで下さいました。
当山30世の住職を務めます酒井晃洋(さかいこうよう)です。

長岡寺は1500年代前半に建立された曹洞宗の寺院です。
建立以降、禅寺として富める時も貧しい時も経て、
現代まで法灯を守り続けております。

境内には、第2次大戦の戦禍、中国より強制連行された殉難者を祀る、
日本で初めて「日中不再戦」を謳った慰霊碑、
その鳴き声で大衆に吉報を伝えたといわれる
三尾稲荷を祀る御社などが点在します。

諸々の史跡とともに長岡寺を特徴づけるのは、歴代の諸住職の活躍です。
先々代28世満成和尚は、第2次大戦下、異国の地に赴き、苦役の中で、
不幸にも命を落とされた多数の中国人の方々の亡骸を前に、
「放ってはいけない」という一心で、葬儀、供養を率先して行っておりました。

また、『お寺の動物園』と報道される程、
ありとあらゆる動物を愛護する住職でした。

先代29世義昭和尚は、一代で本堂を始めとする一連の伽藍を整備され、
長岡寺を再復興した、重興の祖です。

「笑顔を絶やさない」温和な性格で人々に慕われ、
遷化後7回忌法要を迎えて尚、偲ぶ会が催され、
多数の檀徒の方から人柄を偲んでいただける住職でした。

当代30世として、私は、当山の歴史ならびに先住の諸師方の活躍から、
寺に伝えゆく伝統や歴史とともに、住職としてのあり方、大袈裟に言えば、
生き方についても大いに引き継いでいく所存であります。

あらためまして、今後ともご支援宜しくお願いいたします。